「暦の教え」の記事一覧

二十四節気の意味と閏月の決め方について

暦の教え

二十四節気とは季節を知る目安とされたものです、そして今でも年中行事や時候の挨拶などで使われています。そんな二十四節気がなぜ必要であったのか、その意味について。また旧暦において閏月を挿入する基準ともなってたことなど、旧暦の基礎知識も合わせまとめてみました。

災難ばかりではありません!厄年の意味と数え年について

暦の教え

厄年と言うと災難のイメージが強いのでは。しかし女性においては妊娠・出産・子育ての時期と重なり、33歳を「役年」としてねぎらい、そして祝うといった目的もあったのだとか。重責を担うため病気やケガに注意しましょう、といった意識付けが禁忌につながっていったのかもしれませんね。

六曜の意味!お坊さんの合コンが「友引」前夜である理由

暦の教え

六曜、今でも日取り選びには欠かせないものです。でもそれぞれの意味を知っていますか。また「差別を助長するもの」といった見方もあることを。ここではそんな六曜について、伝来の歴史から明治になり爆発的な人気を博した理由、仏教との関係、それぞれの意味、並び順や計算方法などをざっくりとまとめてみました。

旧暦を知る!「太陰暦・太陰太陽暦・太陽暦」の違いと明治の改暦について

暦の教え

旧暦とは太陰太陽暦のことです。ここでは「太陰暦・太陰太陽暦(旧暦)・太陽暦」それぞれの特徴や違いを。また関連して朔望月、閏月や閏年といった置閏法、二十四節気やメトン周期について。そして大混乱を招いた明治の改暦と年中行事に与えた影響についてまとめてみました。

暦で運気を読む!運勢暦の活用方法ついて

暦の教え

暦から得られる情報は年月日や曜日、行事だけではありません。「運勢歴」を開いてみましょう、そこには幸せになるためのヒントも満載です。ここでは暦で「開運」するための基本的な知識、そして運勢歴のカンタンな三つの活用方法についてまとめてみました。暦を通し、昔からの知恵を見直してみませんか。

ページの先頭へ