余裕が運を引き寄せます
仕事上の悩みなら誰かに話してみること。誰かの手を借りればいいのです。この方法を使えば早く、ラクに解決します。「迷惑かも・嫌われるかも」といった思い込みこそ迷惑です。周りを信用する、そして「依頼する・断る」といった勇気を持つことが問題解決のカギ、そして運の引き寄せとなるのです。


1.悩みを悩みのままにしておかないこと

悩みや不安、ストレスは人生に付き物です。そしてその対処方法とは「いかに解決させるか」であっていかにガマンするのかではありません。もっともそれがカンタンに出来ないのだから問題なのでしょうが。





ただ放置しておいても問題は解決はしません、堂々巡りを繰り返すだけ。なんとか解消につながる方法やヒントはないのでしょうか。


まず必要なこと、それは悩みを悩みのままにしておかないこと。「なんでこんなに辛いのだろう」まずそんな悩み事や不安、腹の立つことやイライラすることをできるだけ多く書き出してみてください。この時フセンに書きペタペタ貼っていけば整理しやすく尚よしです。

2.理由をハッキリとえぐり出してみるのです

そして書き出したことをじっくりと見直すのです。するとあなた本人の問題、相手があるもの、仕事に関するものなど大ざっぱな悩みのグループが出来るはずです。そして、次にこの現状を打開するためには何をすべきか、「どうすれば解決できるのか」を具体的に考えるのです。


「なんだそんなことか」と思いますか。でもこうして整理をしてみると意外なほど心はスッキリするものです。なぜ私は悩んでいるのか、何を怯えているのか、その理由を「何となく」ではなくハッキリとえぐり出してみるのです。そしてその解決方法となるのですが・・・

3.そう、誰かの手を借りればいいのです

とくに仕事上の悩みや問題についていえば、一番手っ取り早い方法は「誰かに話してみること」。そう、誰かの手を借りればいいのです。この方法を使えばとても早く、そしてとてもラクに解決します。一番いけないのはいつまでも「一人で抱え込むこと」ですね。





「私がやらなきゃ誰がやる」そんな考えは捨ててください。あなたがやらなきゃ誰かがやります!組織などそんなものです。必要なことは「周り(部下)を信用すること」です。率先して引き受けて、そして自らを追い込んでのたうち回る。そんな姿を傍から見たらどう映りますか。


ストレスは誰にでもあります、でも「苦しむ」ことはまた別問題なのです。理想が高すぎると身動きは取れません、だいたい組織はあなたにそこまで期待はしていません。今できるパワーで最短時間で返す習慣、一歩でも早くゴールに近づくこと。「終わらせること」こそ最優先にすべきことなのです。

4.「お人好し」はただ利用されるだけです

だから、まずあなたのキャパシティや判断基準をしっかり見極めてください。そしてムリだと判断したら余計な遠慮をしないことがポイントです。「迷惑かも・嫌われるかも」などといった思い込みこそみんなの迷惑です。依頼する・断るといった「勇気」を持つこと、これだって責任感からなせるものなのです。人間関係の風通しもよくなるはずですよ。


お人好しはただ利用されるだけ。余計なストレスを抱え込むだけでなく、一番大事な成果に影響します。誰かに頼ればいいのです、それもできるだけ早くです。ギリギリになればお決まりのセリフ「早く言ってよ」が待っています。要領のいい人たちは、周りを巻き込むことがとても上手ですね、これは決してズルいことでもありません。


潔く自分のプライドを捨てると、意外ほど大きな効果が返ってきます。

5.一歩踏み出した自分をほめてあげましょう!

原因を洗い出したら「行動に移す」ことこそ特効薬、解決へのカギです。そして「うまくいったこと」にもっと目を向けてみましょう。足りなかったことばかりにスポットを当てても「クヨクヨ感」が残るだけです。完璧な人間などこの世にはいません、でもアップデートはいつでもできるのです。


ややっこしい人間関係でもそうですね、結局は何の解決を見出すことが出来なくても「やるだけやってみた」ことは決して無駄にはなりません。むしろぶつかってみると何らかのヒントも帰ってくるはずです。一歩踏み出した自分をほめてあげましょう!

6.余裕が運を引き寄せるのですから

ただ悩むのではなく「なぜ悩むのか」を考え、何をすればいいのかといった習慣をぜひ身につけてください。人に頼る、ハードルをうんと下げることも必要、ムリなものはムリと口にできるあなたになってください。自己満足を求め、空回りの努力に時間を費やして何になります。


ものごとには力の入れどころと抜きどころがあるのです。エネルギーやパワーを大事なことに充てるためにも、「ラクに生きるコツ」を身に付けましょう。人の顔色など窺わなくていいのです、なんども言いますが完璧な人間などいないのです。そして、余裕が運を引き寄せるといったことも忘れずに!



スポンサーリンク

スポンサーリンク