【占い】30代後半、Sさんより
結婚を前提に付き合っていた彼の前に現れた女の存在、残念ながら私には勝ち目がありません。でも、どうしても未練を断つことが出来なかった私が頼ったのが電話占い。私は感情を全て吐き出しました、そして「けじめ」をつけることができたのでした。


1.残念ながら私には勝ち目がありませんでした

35歳の時です。お互いに結婚を約束し付き合っていた彼がいたのですが、突然その関係がギクシャクとしてきたのです。理由はある女の存在、彼の部下でした。発端は彼女から彼に言い寄ったこと。そして・・・、残念ながら私には勝ち目がありませんでした。





私は当時も今も地方暮らし、彼とは遠距離恋愛でした。彼と会って話したくても、環境がそうはさせてくれません。この先どうしたらよいのかまったくわからず絶望的な状況でした。一人でいくら悩み苦しんでも、乗り越えることはとても無理だったのです。こんな時だからこそ、経験豊富な占い師さんに頼ってみようと思ったのです。

2.そして利用したのが電話占いです

私が相談した先生はテレビにも出るような有名な方です。じつは以前この先生の有料占いコンテンツの会員になっていたこともあり、「何かあったらこの方に」と決めていたのでした。そして利用したのが電話占いです。対面だけでなく電話でも占いに応じていただけたのです。

3.私は感情を全て吐き出すことができました

ただ、いざ電話がつながると私は途中から取り乱してしまいました。話にはまとまりもなく感情めいたことばかり口走るだけ。それにも関わらず先生は最後までずっと話を聞いてくれました。相槌のトーン一つにしても、あくまでも「私の味方である」というスタンスでいてくれたのでした。


話の途中で余計な口を挟まれたり、否定などされるのが苦手なことはありませんか。私など場合によっては口論になることもあるくらいです。先生はこんな私の性格を理解してくれたのでしょう、話をするのがとても楽でした。そして私は感情を全て吐き出すことができました。

4.「あきらめる」といった選択肢はなかった私でしたが

そして鑑定の結果は、遠回りの表現でしたが「もうやめた方がいい」ということでした。これ以上関係を続けていても何も報われないこと。今後の人生にとって大きなリスクとなるだけであることなど、ゆっくりと噛んで含めてくれるような口調で。そしてその説得の言葉が客観的に響くのです。





彼への未練や略奪した女への憎悪などがうずまき、誰に相談しても決して「あきらめる」といった選択肢はなかった私でした。でもこの時の電話相談だけで「そうか、別れないとダメだわ」と受け容れる決心がつきました。心の底まで洗いざらいぶちまけることができたからなのでしょうか、これには驚きでした。

5.一流の占い師とはすごいもの

先生はあくまで私の感情を否定せず、肯定しながらも「別れ」に導いてくれたのです。そして私は窮地から救われました。苦しみも少なく、むしろ「ドライ」にけじめがついたのです。人ごとのようですが、一流の占い師とはすごいものだと今でも思います。専門家には頼ってみるものなのですね。

6.電話だから話せることだってあるはずです

電話相談の場合は互いの顔が見えません、上手く伝えなければと思うほどあせったりするもの、言葉にならず口ごもったりしてまうこともあることでしょう。でも占い師もベテランになると、声のトーンや微妙な間からあなたの潜在意識を聞き取るスキルに長けています。そして何よりも聞き上手です。





辛い状況から一刻も早く抜け出したい、そんな思いのあるあなたなら電話占いも解決の手段になるはずです。電話だから話せることだってあるはずです。いつまでも同じことで悩み続けている、出口が見えない迷路の中、でも時間は取り戻すことはできないのです。プロの先生の言うことに耳を傾けてみる、決して無駄にはならないものだと思います!



スポンサーリンク

スポンサーリンク