【占い】51歳会社員、YSさんより
予約した温泉ホテルのプランは「占いつき」でした。そこで私は60歳から先の健康運についてショックな運命を聞かされたのです。それ以来浮かんでは消えるのが「大病を患って寝込む私の未来」。そしてやっとこの呪縛が解けた、そのきっかけも占いでした。


1.温泉ホテルのプランは「占いつき」でした

転職について悩んでいたんです。新しい勤務先は自宅から近いので通勤も楽、また何よりも給料がよかったのです。ただ、全くの未経験な分野の仕事なので自信もありません。心機一転頑張ってみるか、といった意気込みもありましたが、この先のこと、特に自分の年や子供のことを考えると不安だったのです。





そんな中、連休を利用して家族で草津の温泉に行ったのでした。予約した温泉ホテルのプランは「占いつき」でした。めずらしいプランもあるものだと思ったのですが、私も旦那も占いなどぜんぜん興味はありませんでした。ただ仕事運を見てもらいたかったこと、そしてちょっとした話のタネにでもなるのでは、と思い選んでみたのです。

2.占術は手相でした

占いは夕食後に行いました、エントランスのお土産コーナーの片隅、中にはちいさな机があり、その脇には水晶の置物やブレスレットなどが並べられたガラスのケースがありました。商品にはそれぞれ値札が付けられていましたが細かくて読めません。そして占い師は品が良さそうな中年女性、私よりも二つ三つ年上に見えました。


占術は手相です、占い師は私の手のひらをしばらく見つめると、「あなたはエネルギーがある人ですね」言われました。私はどんなエネルギーなのか聞きたかったのですが、黙っていました。さらに「ご先祖様に守られています。すごく守られています」とずいぶんなくらい強調されるのです。

3.「しょせんは占いだから」と聞いていたのですが

これには私自身なんとなく頷けるところもありました。今までギリギリのところで「何かに守られているかも」と感じたことがあったから。そして聞きたかった仕事運については、転職をしても大きな問題はない、ただしばらくの間我慢をしなければならないことが多いはず、とのことでした。


慣れないうちは我慢も必要なのはわかっています。私はこの時も聞き流しました、「しょせんは占いだから」といった耳で聞いていたからでしょう。それから「人が驚くような事を突然やったりしますね」とも言いました。たしかに私は思い付きで行動することが多いのです。でも、だからこの先どうなるとも教えてくれません。

4.生命線の先、細くなって分かれているので・・・

このほかにもいくつか言われたような気がしますが忘れてしまいました。なぜならこの時にあるショックな運命を聞かされたから。それは60歳から先の私の健康運についてです。





占い師はこう言いました、「あなたは60歳まではいいが、それ以後は病気がちになるでしょう。生命線の先が細くなって分かれているので、大病を患って寝込むようになります」と。眠り姫が魔女に「糸車の針糸で刺されて死んでしまう」と呪いをかけられた時のようでした。

5.「大病を患って寝込む私の未来」が浮かんでは消え

ただ当時は60歳など今日や明日の話ではなく、だいぶ先のことです。でも不思議なことにそれからの毎日、ふとした折りにこの「大病を患って寝込む私の未来」が浮かんでは消えるのです、そしてそのたびに私はどろどろとした暗い絶望感に襲われるのです。なぜかこの不幸な未来ばかりは「しょせんは占いだから」と割り切れないのです。


手相占いの本を開いては「やっぱりそうなんだろうか」と、ため息をつくこともありました。しかし占いの本など、どれを見ても私になんかわかりません。60歳からの人生、ふだんは別に気にはならなくても、いったん思い浮かべるとどうもいけません、なんとか逃れたかったのです。こんな重荷を私は2年ほど引きずっていたのでした。

6.これは生命線ではありません!

そしてこの呪縛が解けた、そのきっかけも占いでした。買い物で出かけた「ららぽーと」の占いのコーナー、「手相」の看板を見かけた私は思い切って飛び込んで、この悩みを相談してみたのです。恐る恐る温泉でのお告げを、そして気になってしまうと落ち込む自分のことを正直に話してみたのです。





この時の占い師も中年の女性、看板の通りやはり手相による鑑定でした。占い師は私の手のひらを見るなり「そんなことはありません!」とハッキリ否定されたのでした。「これは生命線ではありません。生命線はこっちで、こんなに長いから大丈夫です」と説明してくれたのでした。

7.生死や病気を占うことはタブーです

それが本当かどうか、私を励まし慰めるために言ってくれたのか、素人の私にはわかりません。でも、この鑑定に救われた事は確かでした。この時の占い師からは説得力と安心感を感じました。さらに「生死や病気に関することを占うことはタブーです、逆にいくら聞かれても占い師は答えないはずです」とも聞かされました。

8.「しょせんは占いだから」深刻にならないで!

それ以来占いとかかわることもない私です。ただこの二回の占い体験で感じたこと、それはやっぱり「悪い事は、はっきりとは言ってほしくないな」と思ったことでしょうか。それから・・・そうですね、納得いかないこととか、気になりすぎる事を言われたら、私のように別の占い師を訪ねてもいいのではないのかと。


そんなことよりも、あまり深刻に受け止めることなく、「しょせんは占いだから」と聞き流すことのほうが必要かもしれません。でも、私はあと10年で問題の60歳になります、大病で寝込む自分の姿、心の片隅には離れずにいます。「健康には気をつけなさい」といった警告である、とも思っています。



スポンサーリンク

スポンサーリンク