はじめに
占術には多くの種類がありますが基本的には「命・卜・相」の三つに分類されます。それぞれ特徴があり、相談の内容によって向き不向きもあります。代表的な占術も含め、特長や悩み解消に向けて利用方法のヒントをまとめてみました。

【1】占術を分類すれば「命・卜・相」

1.1相談する内容によっても向き不向があります

占術は基本的に

  • 命(めい)
  • 卜(ぼく)
  • 相(そう)

の三種類に分けられます。そしてこの三つに
・医(い)
・山(ざん)
が加えられた5つが「東洋五術」です。これは古代中国思想の元となる「陰陽・五行・易」から発生したものです。ちなみに「医」とは漢方・鍼灸・整体など、「山」とは気功・瞑想・呼吸などです。

「命・卜・相」それぞれの特徴があり相談する内容によっても向き不向があります。あなたの悩みに応じた占術を選ぶことが問題解消の第一歩です!代表的な占術も含め特長や利用方法をまとめてみましょう。

【2】「命」長期的な運勢を知りたければこれ!

2-1.その意味と主な占術とは

命とはあなたの生年月日や出生時間を基本として占う方法です。あなたの運命や基本的性格や傾向、長期スパンの運勢・バイオリズムなどを総合的・長期的に視ることを得意とします。もっともポピュラーな占いかもしれません。

主な占術なら
・西洋占星術
・九星気学
・四柱推命
・紫微斗数
・算命学
・数秘術
・インド占星術
などです。


2-2.その特長とは

この占術は「統計的な法則に基づき学問として確立されたもの」と言ってもいいでしょう。したがって使いこなすには、体系的な知識が求められます。手元にパソコンや資料もなく、いきなり鑑定の結果をスラスラ話す占い師は少し怪しいかもしれませんね。趣味で占いを楽しんでみたい方、また「学問」として取り組んでも手応えは充分ですよ。

2-3.悩みを相談するなら

宿命の分析、持って生まれたあなたの才能や金運、恋愛運や結婚運、仕事運などを知るには向いています。先天的な運命を知り長い目でその流れを知ることにもピッタリです。今年の運勢や、彼との相性を総合的に占ってもらってもいいでしょう。引っ越しや転職にも向いていますね。ただし「彼の今の気持ちを知りたい」といった瞬間的なことについては向いてはいません。



【3】「卜」今を知りたければこれ!

3-1.その意味と主な占術とは

まさに今を知りたい、偶然を利用する占いです。したがって占うたびに答えは違うものとなります。カードの並びやサイコロの目、甲羅の割れ目などのパターンや組み合わせからそのメッセージを読み取ります。

主な占術なら
・タロット
・奇門遁甲
・周易
・断易
・水晶
・ルーンストーン
・ダウジング
・オラクルカード
などです。


3-2.その特長とは

しかし偶然に支配されている結果から、どうやって答えを導くのでしょう。『一見偶然に選択されたカードでもそこには「共時性(シンクロニシティー=偶然の一致)」が深く関わっています、だから必然(必要な情報)が得られ答えが導き出されます。』諸説あるようですが、一般的にはこのように解釈されています。

偶然に見えても、選択されたカードは必然なものなのでしょう。そして占い師はそのメッセージを読み取り、あなたの潜在意識や今を解くのです。シンプルな占いではありますが、それゆえ解釈は難しい、占い師の力量が問われます。




3-3.悩みを相談するなら

ごく近い将来あなたを待っているものは何か。今すぐ答えが欲しい時、イエス・ノー決着をつけたい時や彼の気持ち。また状況の変化を聞きたい方やハッキリとした「問い」に対する答えが欲しい方にはピッタリです。なお「卜」は偶然を使用した占いです、同じ質問で何度も占うことはできません。答えはあくまでも一度切り、また遠い未来のことや人生などについては不向きです。



【4】「相」目に見える形で現在を知りたければこれ!

4-1.その意味と主な占術とは

人相、手相といえばわかりやすいかと思います。筆跡、印相、奇門遁甲、それからお馴染みの風水もこの仲間に入ります。また偶然のパターンによりイメージを喚起させる、といった点においては卜占いと似たところもあると言えます。

主な占術なら
・手相
・人相
・家相
・印相
・風水
などです。


4-2.その特長とは

手相や人相はおよそ3日のサイクルで変わるといった説もあります。また運勢が変わる時にはほくろやシワ、赤みなどが表れるとも言われています。このように「相」とは過去の出来事や、未来の出来事を顔や手に表れるシルシから読み取るものです。したがってあなたの「現在を知る」にはちょうどいいでしょう。また爪やお肌の状態で健康状態だけでなく気持ちのありかたも推測可能なのだとか。

4-3.悩みを相談するなら

あなたが持って生まれたものを占うことに長けています。近未来を視てもらうことに向いており、あなたに迫る危険や災難を視てもらうことにも向いています。それから髪形やメイクを変えることによって開運することも相占いの一つです。しかし人の気持ちについては占うことはできません。



【5】占術は占い師さんにまかせましょう

これ以外にも「血液型占い」や「夢占い」などまだまだたくさんの占いがあります。そして新しい占いが次々と現れては消えていきます。ただいずれもベースにあるのはここで取り上げた「命・卜・相」によるものがほとんどです。

ただ占術に関する知識を持つことは悪くはありませんが、占い師さんに占術をリクエストすることはおススメできません。占術はあくまでも占い師さんにまかせましょう。





人間誰も未来を当てられたり、予言されるだけでは救われません。あなたの悩みが理解され、解消のためのきっかけやアドバイスを与えられる。「相談してよかった!」そんな占い師さんと出会えますように!



スポンサーリンク

スポンサーリンク