書いてみる・言葉にしてみる
極端な話不安やストレスは「解決などしなくてもいい」のです。過去と他人だけは変えようがないのですから。ポイントは余計な恐怖やストレス、不安から逃げるのではなく解放されることなのです!そのためのヒントをまとめてみました。


【1】じっとしていても不安は増すばかり

1-1.大事なのは受け止め方や受け流し方

悩み・心配・緊張・プレッシャー・恐怖・イライラ・・・、不安やストレスは常につきまとうもの。そして「どうしよう」と一人で悩めば悩むほどモヤモヤも広がるばかり。気にしない、大丈夫!などと言い聞かせても心が晴れることはないのです。





しかし不安やストレスのない人生などありません。また時にこれを乗り越え克服することが、あなたに成長をもたらし自信を与えてくれることもあるのです。おかしな言い方ですが、よいストレスもあれば悪いストレスもあるのです。大事なことはその見極め、また受け止め方や受け流し方なのです。

1-2.動くことによって今も変わる

不安やストレスはゼロにすることはできません、ただ何もせずおびえてばかりいれば深みにはまるだけ。しかし多少でもラクになれる方法があります、それは「行動に移してみること」です。ひとり悶々と悩んでいても不安は増すばかり、動くことによって自ら今を変えてみる、やることはいたってカンタンです。

  • 書いてみる
  • 言葉にしてみる

この二つを実践してみるだけです。

1-3.インプットとアウトプット

インプットとアウトプット、自己啓発の本などによく登場する言葉なのでご存じのことでしょう。いくら良い情報を仕入れたところ(インプット)、活用(アウトプット)しなければ意味がないことです。活用とは実践すること、行動に移すことです。





またアウトプットすることによってさらに新しい情報を迎え入れるスペースも空き、また新たな発見もできるのです。準備や情報収集もたしかに大切です、でもとりえず一歩踏み出してみなければ景色も変わらないのです。


不安やストレスもそう、あなた一人でのたうち回っても何も変わりません。



【2】まずは書いてみる!

2-1.なぜつらいのか、何が怖いのか

まず悩みを書いてみる、頭の中で整理するのではなく、こと細かく書き出してみるのです。なぜつらいのか、何が怖いのか、なぜ心が晴れないのか、などをとにかく書いてみるのです。実にカンタンなことですね、こんなことでも意外なほど心はスッキリします。





ある方の例です。枕元に用意したノートに不安や心配事を書いてから床に就くといったことを習慣にしたそうです。このノートには不安を書き出すだけではなく、後日その不安がどうなったのか、その結果も記入してみたのだとか。


するとどうでしょう、不安や予想した最悪の結果のほとんどが杞憂であったそうです。余計な心配であり、とり越し苦労であったのですね。運よく免れることができたのではありません、やってみたら意外なほどカンタンであった、またその時になればなんとか乗り越えることができていたのです。

2-2.不安の本質がわかれば課題も見える

もちろん「だからもう心配など不要です」というわけではありません。長い人生です、大失敗することもあることでしょう、生きている限り不安におびえることは何度も起きることです。しかし書くことによって不安の本質や解決策、また課題も見えてくるとストレスも薄れてくるのです。


ある程度書きだしてみたら・・・・

  • なぜつらいのか
  • どうなりたい・どうしてもらいたいのか
  • ならどうすればいいのか
  • 明日からできるカンタンなことは何か

こんな内容でいいので整理してみてください。こんなことでも「ガス抜き効果」があり気持ちも前を向くはずです。また書くと言えば日記を付け一日にけじめをつけてしまうこともありですね。

2-3.逃げるのではなく解放されること

極端な話不安やストレスは「解決などしなくてもいい」のです。過去と他人だけは変えようがないのですから。ポイントは余計な恐怖やストレス、不安から逃げるのではなく解放されることなのです!



【3】言葉にしてみる!

3-1.洗いざらい口にしてみるとスッキリします

言葉にしてみること、誰かに聞いてもらえばいいのです。思っていることを洗いざらい口にしてみるとスッキリします。





だから、もしあなたが相談される立場であったら、相手の話を遮ることなく聞き役に徹することがポイントです。余計なアドバイスなどいりません、要所では頷き共感してあげれるだけでいいのです。
しかし・・・、

3-2.相談したくても相手がいません

悩みを人に打ち明けるとはいってもカンタンなことではありません。誰でもいいわけでもなく人は選ばなければなりませんし、勇気がいることでもあります。特にここ日本では相談をするといった文化も根付いてはいません。


相談することにためらいがある、相談できる相手が「いない」のではなく相談が「できない」のであれば、あなた自らがメンタルブロックをかけているのかもしれません。ただ相談相手が本当にいないのならどうしましょうか。

3-3.なぜ早く相談してくれなかったの

仕事上の悩みなら、ためらうことなく上司に話しましょう。上司にとって聞くことや解決させることは仕事の一つなのだから。業務に支障があるのならなおさらです、また問題が大きくなれば逆に「なぜ早く相談してくれなかったの」となってしまいます。

3-4.悩み別相談窓口情報等を紹介するサイト

しかし私的な問題であれば、地域の保健所や保健センター・精神保健福祉センター・こころの健康相談統一ダイヤルなどを利用してみることもひとつです。専門家のアドバイスを聞くといった方法も身近にあります。連絡先については厚生労働省の「悩み別相談窓口情報等を紹介するサイト」など参考になると思います。



【4】人に言えない悩みをお抱えなら

4-1.電話占いを知っていますか

悩み相談といえば意外な方法ですが「占い」という選択肢もあります。しかし、占いと聞けば何を思い浮かべますか、ド派手なメイクや衣装、星占い・手相・タロットカード・水晶玉、当たる・当たらない・・・、どこか怪しげであり、うさん臭さも漂っていますね。





占いなど非科学的であり悩み解決とはほど遠いと思うかもしれません。しかし、体験談でも紹介させていただいている通り占いで迷いが解決された方も多いのです。占いには「当たる当たらない」だけでなく、カウンセリングといった一面もあり、とくに秘匿性のある悩みを抱えた方には多く利用されています。

4-2.占い師とはカウンセリングのプロ

秘匿性のある悩みとは、たとえば人間関係や転職、恋愛だけでなく・・・、
コンプレックス・家庭問題・ペットロス・いじめ・離婚・復活愛・略奪愛・浮気・不倫・同性愛・三角関係・中絶・婚約破棄など人に相談し辛い悩みのことです。


占い相談と言っても決して人生を星座やカードの結果にゆだねるのではありません。占い師とはカウンセリングのプロでもあるのです。よい占い師とは、あなたの悩みを親身になって聞いてくれたうえで、前向きに生きるヒントを与えてくれる方のこと、私も救われた一人です。

4-3.必要なのは「勇気」だけ

また相談も電話を利用したものであり、顔を合わせることもありません。深夜でも対応してくれるところがとても便利です。不安で押しつぶされそうな夜、その胸の内を打ち明けてみる、必要なのは「勇気」だけです


ただし電話占いは有料です。1分単位で課金されますので、時間が長引けばそれだけお金もかかります。いくらかかるのか、またそのシステムに興味があるのなら、いくつか優良サイトを紹介しますのでアクセスして内容を直接ご覧ください!


【電話占いヴェルニ】

スポンサーリンク

いますぐ占い師に相談してみる? 創業25年【クォーレ占い電話相談】

本物の電話占いを望む方へ – 口コミで評判の電話占いウィル!3000円分無料キャンペーン実施中

悩みを解決に導く
電話占いピュアリ☆





スポンサーリンク