運命の人は誰の前にも現れます
【片思い】46歳デザイナー、Mさんより。そしていつしか体の関係も持つようになったころ、私は思いきって彼に告白したのです。しかし彼からの返事はもっともでした。でも、それから数ヵ月後私たちの関係は急変。いま私の毎日はキラキラ輝いています!


1.絶対に手が届かない人だと思うから

あきらめかけた想いを見事成就させました、相手は友人の元夫です。彼と知り合ったのは結婚式の会場でした。一目見た時からタイプだと思っていたんです。切れ長の瞳に、通った鼻筋。声は甘く低いバリトンで言葉を交わす度にうっとりしました。





しかし相手は友人の夫です、当たり前の話ですがここはグッと我慢するしかありません。でも日を増すごとに彼への思いは抑えられなくなっていました。こんなにときめいた男性を見たのも本当に久しぶりでした。


また、なんといっても友人の夫であるということも彼に惹かれた理由でした。絶対に手が届かない人だと思うから、だから好きだという気持ちが、ことさら燃え上がるような気がしたんです。

2.男女の仲に年齢なんて関係ありません

そして、そんな私についにチャンスが巡ってきました。その友人が、彼が熟年離婚したのです。ゴタゴタが続いたようで、彼から私は色々と相談も受けました。でその時、たまたま私も交際している彼とうまくいかなくて・・・、会えばお互いに愚痴を言い合うようになったんですよ。


その後二人で会う機会も増えました。じっくり話しをしてみると、そうやっぱり彼が好きだと思いました。彼は私よりも少し年上の50歳でした。でもこの年になると男女の仲には年齢なんて関係ないんですね。


やがて私たちは毎週のように会うようになりました。そしていつしか体の関係も持つようになったころ、私は思いきって彼に「一緒になりたい」と告白したんです。でも彼からは見事に断りのお返事が。


彼には、3人の子供がおり離婚後は彼が親権者となり引き取りとったのでした。末の息子さんはその年大学生です「子供たちにとっても大切な時期だから動揺させたくない」、理由は子供たちのことを気遣ってのことでした。

3.いくつになっても女なんですから

そりゃそうですね、彼の言うことはもっともなことです。でも友人関係を(露骨な言い方をさせてもらえるのなら体の関係も)続けることについては、彼も望むところだったのです。





私はたまに彼の自宅を訪れ料理を作ったり、掃除をしたりしました。図々しいでしょうか。でも私、たとえ叶わぬ願いでも、ただ彼の側にいたかったのです。


彼ですか・・・、ええ私が訪ねると困ったようにしていました。でも後悔はしたくなかったんです。たとえダメでも、彼のために何かしたいと思いました。いくつになっても女なんですから。

4.なんと私は彼から告白されたのです

それから数ヵ月後、私たちの関係は急変します。なんと私は彼から告白されたのです。思いがけない展開にビックリしたのは私の方。正直言ってうれしさよりも戸惑うありさまでした。


ただこの時です、運命の波を感じました。絶対に乗り遅れてはいけない波でした。


彼は、私がいろいろ尽くしている姿に心が動かされたと言っていました。そして息子さん達には私との仲や思いをさらし、私との関係の了解を得てくれたのです。そして私たちは結婚を前提に交際することになりました。



5.いくつになっても出会いはあります

片想いで悩んでいるあなた、どうか諦めないでください、自分勝手に判断しないでください。好きだという思いを、もっともっと育ててください。でも、決して自分の気持ちを無理やり押し付けるような真似はしないでください。





私の思いが成就したのは、とことん彼に尽くしたから。尽くすとはいっても、彼の苦手なことをちょっと強引でしたがサポートしてあげただけ。もちろん下心があってのことですが。一緒になりたいからといってグイグイ迫っていたら、きっと彼の心も離れていったはずです。


運命の人は必ずどんな人の前にも平等に現れるんですね。「好きだ」という思いの灯を消しちゃダメ!黙って見ているのもダメ。でも「でしゃばらないこと」かな。そして絶対に諦めない気持ちは大事です。


たぶん人生には波があるんです。そしてそのチャンスの波を見逃さないためには、いくつになっても「ときめく女」でいることです。もっともっと自分を磨きましょう、年齢なんて関係ありません!



スポンサーリンク

スポンサーリンク